絵本

絵本『ウォーリーをさがせ!』は何歳から楽しめる?うちの4歳児がやってみた

絵本『ウォーリーをさがせ!』知ってますか?

子供の頃読んでた!って人も多いのではないでしょうか。

あまなつ
あまなつ
私もやってました!難しくてなかなか見つけられなかったなぁ。

ある日子供を連れて本屋に行ったとき、ウォーリーをさがせ!を見つけて、ついつい懐かしくて買っちゃいました!

本当は夫の本を買うために立ち寄った本屋だったけど…

あまなつ
あまなつ
「子供のものはすぐ買うよね」って夫に言われました。
りんご
りんご
それな!

『ウォーリーをさがせ!』ってどんな絵本?

『ウォーリーをさがせ!』とは、1987年にイギリス人イラストレーターのマーティン・ハンドフォードによって出版された絵本です。

38ヶ国30言語に翻訳されて、全世界の累計発行部数6,000万部を超える超大人気作。

この写真の人がウォーリー(Wally)で、この絵本の主人公。

赤と白のボーダーの服に黒ぶちメガネ、帽子とジーパンを履いているのが彼の定番のスタイルです。

あまなつ
あまなつ
ハロウィンでウォーリーに仮装してる人もよく見るね!

ウィキペディア(Wikipedia)によると…

しろひげの命令で、あらゆる異世界に行っては命令を遂行している。
常に笑顔で、明るく聡明。

らしい。(引用:ウィキペディア「ウォーリーをさがせ!」より)

あまなつ
あまなつ
しろひげって誰
りんご
りんご
写真の真ん中にいる、青い帽子に赤い服のおじいさんが“しろひげ”だよ!

子供の頃は何も知らずに楽しんでいたけど、ちょっと調べると色々設定があるもんですね。

さて、この『ウォーリーをさがせ!』。

何歳から楽しめるのか?が気になるところ。

こういった探す系の絵本というのは、子供がすごく集中して読むので集中力がつく効果があります!

目的のものを探す力もつくので、小さな頃からどんどんさせたい!

我が家の次男が今4歳なので、ウォーリー探しやってみることにしました!

4歳児がやってみた!ウォーリーをさがせ!

まずこの絵本のやり方を説明。

あまなつ
あまなつ
ウォーリーを探すんだよ。
次男
次男
うぉーりー??

まずはウォーリーとは何かというところから説明。

次男「あ、これね。」

次男「このひとをさがすんだね!」

次男「・・・・・・」

次男「・・・・・・」

ちょっと難しいかな?
わかるー私も子供の頃なかなか見つけられなかったもんなー。

次男「あった!!」

あまなつ
あまなつ
あれっ意外と早く見つかった?!すごいじゃん~

ってちがう!
それウォーリーじゃない!

あまなつ
あまなつ
おしいけどね!

このウォーリーによく似た格好の女の人は、ウェンダ(Wenda)といってウォーリーのガールフレンドらしい。

りんご
りんご
ものすごい
フェイント!

気をとりなおして…

次男「・・・・・・」

次男「・・・・・・あった!」

大正解!お見事!

探しはじめてから10分くらいでウォーリーを見つけることができました。

次男
次男
ウォーリーたのしい!
もっとやる!

そっかそっか、よかった~たくさん探しな~

そうこうしていると長男もやって来て
「オレもやる!」

兄弟で奪い合い開始。チーン。。。

小学生の長男はさすがに次男より探すのが早かったです。

探し絵本の『ウォーリーをさがせ!』は、4歳児でも十分探せて楽しめることがわかりました!
あまなつ
あまなつ
意外と簡単に見つかったので、もしかしたら3歳でもできるかも?

『ウォーリーをさがせ!』は何度でも楽しめる絵本

後日また子供たちと『ウォーリーをさがせ!』をやってみました。

もしかしてウォーリーの場所、覚えちゃってるかな?と思ったけれど、意外と大丈夫でした!

あまなつ
あまなつ
どこだっけ~?と再び探して遊んでいました。

この絵本はウォーリー以外にも、25人のウォーリー親衛隊が12の場所に一度ずつ顔を出しているので、それも探して遊べます。

何度でも探して楽しんで遊べる絵本『ウォーリーをさがせ!』。

探すのに夢中になることは、すごく脳を使うから子供の知育にもいいことを実感しました。

大人も懐かしさでつい夢中になってしまうくらい面白かった!

あまなつ
あまなつ
ぜひ親子でウォーリーさがし、してみてくださいね。

 

我が家が購入したウォーリーの本はこちら。

その他にもたくさん面白そうなシリーズがあります。

 

▽▽▽

 

我が家の息子が4歳のとき遊んでいたこと・取り組んでいたことはこちら。