知育・知育おもちゃ

幼児の通信教育で迷ったら。小学生の母(私)がおすすめする選び方はこれ!

こどもちゃれんじすってぷお試しワーク教材

幼児の通信教育を選びたい!

どれがいいのかな?と思ってちょっと調べてみると、幼児向けの通信教育ってけっこうありますよね。

昔ながらの紙のワークのものから最近はタブレット型の通信教育もあって、

見れば見るほどどれがいいのかわからない…!

あまなつ
あまなつ
ありすぎて、なんかどれも一緒じゃない…?とすら思えてきます…

 

現在我が家の次男(4歳:年中さん)の通信教育を探しており、まさにその問題に直面しています。

ちなみに私自身は小学生の頃進研ゼミをやっていたので、自分の中で「子供にさせるならやっぱり紙の通信教育がいいなー」という思いが今のところあります。

通信教育を選ぶにあたって

  • ワークの内容
  • 難易度
  • 費用面

など気になる点はいくつかあるのですが、一番知りたいのは結局

『我が子に合うものはどれ?
長く続けられそうなのはどれなの?』

ということ。

どんなに内容が良くて「この通信教育をすれば頭がよくなります!ひらがなもばっちり!」なんて言われても、

我が子に合うかはわからないですよね。

内容に惹かれてムリして入会しても、合わなければ子供がすぐに嫌になってワークがたまるのは目に見えています。

あまなつ
あまなつ
私が進研ゼミを溜める子でした…自戒を込めて…

そうなってしまっては本末転倒…できれば避けたい!

りんご
りんご
せっかく入会するなら
長く続けたいよね。

 

そこで我が家は入会する前に無料でもらえるお試しワークを体験してから、どの通信教育を選ぼうか考えているところです。

この記事ではお試しワークを実際に体験してみて、どんな人に向いてる通信教育なのか、

また小学生の母目線でおすすめする選び方をご紹介していきます。

今回お試ししたのはこの4つの通信教育です。

  1. こどもちゃれんじ
  2. 幼児ポピー
  3. Z会
  4. まなびwith(ウィズ)

私の中で「まずは紙ベースの通信教育から」というちょっとしたこだわりがあるので、

今回はタブレット系のものは無しで紙のワークがある通信教育を選びました。

あまなつ
あまなつ
各社の特徴と実際にお試ししてみた感想・口コミをご紹介していくよ~!

 

それぞれの通信教育をお試しした感想を先に読みたい人はこちらから読めます。

 

幼児の通信教育、何歳からはじめる?

最近の幼児向け通信教育は2歳~からはじめられるものもあって、「みんな子供の教育にすごく関心があるんだな」と実感します。

でも2歳からといっても、いきなり2歳の子にひらがなやカタカナを教えたりするわけではないので大丈夫。

2歳向けはちゃんと2歳さんの発達に合わせたワーク・内容となっています。

各社通信教育のはじめられる年齢を表にまとめてみました。

受講できる対象年齢・学年
こどもちゃれんじ0歳~/年少/年中/年長
幼児ポピー2~3歳/年少/年中/年長
Z会年少/年中/年長
まなびwith年少/年中/年長

受講できる年齢が低い順に並べると次のとおりになります。

  • 0歳~⇒こどもちゃれんじ
  • 2歳~⇒幼児ポピー
  • 年少~⇒Z会・まなびwith
あまなつ
あまなつ
早くから通信教育したいなら、
こどもちゃれんじか幼児ポピーだね。
長男
長男
ちなみに僕は0歳から
こどもちゃれんじをやってたよ。

幼児向けの通信教育は各社によって内容やコンセプトがちがうので、

どれが我が子に一番合いそうなのか?を1つずつ見ていきましょう。

 

【こどもちゃれんじ】体験もコスパも追及したいならこれ!

子供に色々なことを体験させたい、できるだけ広く、でも内容もそこそこ深く、そして値段もそんなに高くないコスパがいいものを選びたい!

りんご
りんご
なかなかのよくばりさんっ!
あまなつ
あまなつ
いや~やっぱり受講するなら
たくさんもらいたくって… 

という人にはこどもちゃれんじがおすすめです。

こどもちゃれんじすってぷお試しワーク教材
対象年齢

こどもちゃれんじは0歳から受講できます

 

こどもちゃれんじの年少・年中・年長コース

  • 絵本
  • キッズワーク
  • DVD

この3つが毎月届くのと、あとは毎月ではないものの

知育おもちゃ(エデュトイ)

も届くのがなんといってもこどもちゃれんじの最大の魅力!

こどもちゃれんじじゃんぷ年長教材

おもちゃもただのおもちゃではなくて、『知育』のことを十分に考えて作られているので

遊びながら学べるのがこどもちゃれんじの特徴。

絵本も植物、季節、太陽、月、宇宙など自然をテーマにした内容が盛りだくさんなので、

小学生の理科に通ずる内容を自然と覚えることができます。

あまなつ
あまなつ
色んなものを試してみたい!という人におすすめの通信教育だよ。

 

4歳の息子がこどもちゃれんじすてっぷ(年中)を無料お試しした記事はこちら▼

こどもちゃれんじすてっぷ(年中)をお試し!ひらがな読めない次男が興味を持ち出したよ

 

\もっとくわしく見てみる/
こどもちゃれんじ資料請求で無料のお試しワークがもらえます♪

 

届く教材は1つ1つがしっかりして満足

絵本・ワーク・DVD・時々エデュトイがついて毎月2000円ほどなのですが、

だからといって1つ1つが薄っぺらい内容なの?と言われるとそんなことないんです。

こどもちゃれんじすってぷお試しワーク教材

ワークはシールのページも多く、子供が楽しみながら取り組めるようになっています。

こどもちゃれんじじゃんぷ年長教材

おもちゃ(エデュトイ)はひらがなを楽しく覚えられるようなものなど、

勉強を勉強だと思わせずにできる工夫がいっぱい。

あまなつ
あまなつ
子供が楽しそうに取り組んでいて、見てるほうも安心でした。

 

\こどもちゃれんじはこんな人におすすめ/

  • 楽しい気持ちで机に向かいたい人
  • ワーク・絵本・DVD・知育おもちゃが届くのでコスパを求めたい人
  • 「遊び」の中から学びたい人

 

こどもちゃれんじは0歳から受講ができる

こどもちゃれんじは今日ご紹介する通信教育の中でも唯一、0歳から受講ができます。

我が家の長男も0歳の頃からこどもちゃれんじを受講していました。

こどもちゃれんじぷちのおもちゃ(エデュトイ)(これは1歳代のこどもちゃれんじぷちで届いた教材たち)

1歳~3歳頃までのこどもちゃれんじは知育おもちゃ(エデュトイ)がメインで、遊びながら成長を手助けしてくれました。

また年長さんの小学校入学前の1年は特に、こどもちゃれんじじゃんぷを受講してよかったなーと思います。

\もっとくわしく知りたい人はこちらから/

 

\公式サイトでもっと見てみる/
こどもちゃれんじ無料でお試しワークがもらえるよ。

 

【幼児ポピー】安いのに内容しっかり!ワークがとても優秀

通信教育はやっぱりワークが充実したものがほしい!

でも子供も毎月届く通信教育は初めてだからそんなに難しくなくて、

楽しい気持ちで机に向かえるのがいいなという人には幼児ポピーがおすすめです。

幼児ポピーお試しでもらえるもの
対象年齢

幼児ポピーは2歳から受講できます

毎月届くのは基本的にワークのみ。(学年によって内容は異なります)

おもちゃがついていたり何か特別な教材があるわけではないけど、実際にワークをお試ししてみるととても充実していました。

写真は幼児ポピーの年中さん向けをお試ししたときのものです。

幼児ポピーお試しやってみた

ケーキにシールを貼ってデコレーションする問題があったり(シールがこれでもかってくらいたっぷりついてました)、

幼児ポピーお試しやってみた

ひらがなを読む書くための最初のステップとして、楽しくできるような問題があったり。

全体的にカラフルでいかにも

「お勉強!」

じゃなくて

「楽しい遊びのついでにお勉強」

ができるような、そんな雰囲気の通信教育が幼児ポピーです。

あまなつ
あまなつ
勉強って楽しい・面白いんだ!
ってまず思わせてくれるよ。

4歳の息子が幼児ポピーの無料お試しを体験した記事はこちら▼

幼児ポピーのお試しを4歳息子が体験!資料請求したら勧誘はどのくらいくるの?

 

\公式サイトでもっと見てみる/
幼児ポピーの無料お試し充実した内容のお試しワークがもらえます。

 

幼児ポピーにぴったりなのはこんな人

幼児ポピーのお試しをしてみて、こんな人にぴったりだと感じました。

  • がっつり勉強!知育!じゃなくて、楽しい気持ちでワークに取り組みたい人
  • やさしめの問題で「できた!」を増やして子供の自信をつけたい人
  • 机に向かう練習からはじめたい人

 

幼児ポピーのワークは比較的簡単なものが多いので、

  • はじめてワーク(通信教育)をする子
  • できないとすぐに諦めがちな子

にもぴったり。

あまなつ
あまなつ
うちの子もできないとすぐに「できない!もうしないっ!」とへそをよく曲げます…

 

へそを曲げやすいタイプは簡単な問題から入ろう

うちの子も含め問題が解けないとへそを曲げちゃうタイプの子は、最初は簡単な問題から入るのがおすすめ。

「勉強ができるようになってほしいから」と難しめのワークから入ってしまうと、

問題が解けない=面白くない、やりたくない

となってしまって、勉強が嫌いになるという逆効果に…。

幼児ポピーお試しあかどり

小学生になる前の幼児に大事なのは、

「勉強ができる・問題が解ける」

ことではなくて

「勉強って楽しいんだ・おもしろいんだな」

というのを感じさせてあげること!

あまなつ
あまなつ
ハードルをかなり低くさげておくと子供も入りやすくなります。

 

そのためにも親から見て「けっこう簡単な問題だけど…やってて意味あるかな?」と思う場合でも、

通信教育の目的が「机に座る習慣をつけさせたい」なら十分意味があります。

りんご
りんご
入学までに少しずつ取り組んでいきたいね。

 

\もっと見てみる/
幼児ポピーの無料お試し登録は簡単♪3分ですぐできます。

 

【Z会】今だけじゃない、あとから伸びる力が育つ!

しっかり考える力をつけさせたい、ただ文章を読んで問題を解くのじゃなくて

自分の頭で考えながらワークをさせたい人におすすめなのがZ会です。

z会お試し年中
対象年齢

Z会は年少から受講できます

Z会の年少・年中・年長ともに届くものがこちらです。

  • かんがえるちからワーク
  • ぺあぜっと(体験型の教材)
  • ぺあぜっとi(保護者向け情報誌)

あとは

年少さんは『いっしょにおでかけブック』というミニ絵本が、

年中・年長になると『ぺあぜっとシート』という提出課題がついてきます。

あまなつ
あまなつ
Z会は子供だけじゃなくて親子で一緒に取り組めるかがポイントです。

 

 

\教材をもっとくわしく見てみる/
Z会 幼児コース資料請求でお試しワークがもらえるよ。

 

Z会のワークは考える力がぐんぐんつく

Z会のワークは、ほんの少し頭をひねって考える問題が特徴的です。

z会幼児お試しやってみた

上記の写真の場合は、「半分に折った紙を点線で切るとどんな形になるかな?」と想像力が必要とされる問題。

我が家の次男はわからなかったので、実際に折り紙をそのとおりに切って見せてあげると、

次男
次男
あっ!わかったー!

と理解できたようでした。

 

問題を見て答えがパッと出る・解けるのも大事だけど、わからなくても

「じゃあどうすれば解けるのかな?」

と考えることが大事。

あまなつ
あまなつ
わからなければ、わかるように考えればいい!

そのことを気付かせてくれるのがZ会のワークです。

 

そしてその「自ら学びに向かう力」こそが、Z会がコンセプトとしている「あと伸び力」につながっていきます。

りんご
りんご
え~じゃあZ会の問題は全部ちょっと難しいのかな…?

そんなことはなく、基本的なひらがなの読み書き問題ももちろんあります。

z会幼児お試し
あまなつ
あまなつ
全体的にバランスがいいワークになってます。

 

毎月親子で取り組むちょっとした課題も届く

Z会といえばワークと同じくらい有名なのが、親子で取り組む「ぺあぜっと」です。

z会幼児お試しぺあぜっと

体や手を動かして実際に体験する内容が毎月届くので、

親子でコミュニケーションをとりながら、『考える力』がつく

効果が期待できるのがもう1つのZ会の魅力。

ただし必然的に親の出番が多くなるので、Z会は親子で取り組むことを楽しめる人に向いています。

\なのでZ会がぴったりな人はこんな人!/

  • 机上のワークと体験型ワークの両方取り入れたい人
  • 親子で一緒に考える力をつけたい人
  • シンプルな教材がほしい人

 

\公式サイトでもっと見てみる/
Z会 幼児コース資料請求でお試しワークがもらえます♪

 

【まなびwith】調べる習慣をつけることで小学生への土台ができる

あの有名な小学館が出している通信教育がまなびwith(ウィズ)です。

かわいいキャラクターのワークで、言葉・数・体験・知恵などをぎゅっと一冊に詰め込んだのが特徴です。

まなびwithのお試しワーク
対象年齢

まなびwithは年少から受講できます

毎月届くのは基本的にワークのみ。

あとはその他のタイミングで届くもの(特別教材)などがあります。

資料請求でもらえるお試しワークは一週間分あり、それだけでも試してみる価値がありました!

まなびwithのお試しワーク
あまなつ
あまなつ
ワークの問題はやさしめで、どんどん進められるから楽しそうでした。

4歳の息子がまなびwithの無料お試しを体験した記事はこちら▼

まなびwith(ウィズ)のお試しを4歳児が体験!「調べ学習」で小学生への土台を作る

 

\もっとくわしく見てみる/
まなびwith無料でお試しワークがもらえるよ♪

 

図鑑での「調べ学習」で小学生への土台を

まなびwithを作っている小学館といえば、図鑑で有名な小学館の図鑑NEOを出しています。

まなびwithのワークには図鑑のページがあり、図鑑で調べながら学習する「調べ学習」の基礎が身につきます。

まなびwithのお試しワーク

わからないことがあったときに自分で調べる習慣というのは、子供が大きくなったときにすごく大事。

りんご
りんご
辞書もそのうち使い出すもんね?
あまなつ
あまなつ
そう、だから小さな頃から調べる習慣を身につけておくと助かるよ。

\まなびwithはこんな人におすすめ/

  • かわいいキャラクターでバランスよくワークしたい人
  • 「調べる力」を身につけたい人
  • コツコツ進めて机に座る習慣が目的の人

 

\もっとくわしく見てみる/
まなびwith無料でお試しできるワークがもらえます。

 

受講費が一番安いのは幼児ポピー

それぞれの通信教育の内容はわかったところで、気になるのが受講費のこと。

毎月かかるお金なので、どのくらいが妥当なのか気になりますよね。

年中向けコース・毎月払いの金額で比べてみました。(2019年の場合)

毎月の受講費(12ヶ月分一括支払い)
幼児ポピー1,100円(変わらず)
こどもちゃれんじ2,336円(1,994円)
まなびwith2,538円(2,327円)
Z会2,799円(2,379円)

毎月の受講費がいちばん安いのは幼児ポピーでした。

次いで意外にもこどもちゃれんじが2位でした。

りんご
りんご
絵本やDVDもついてるから
もっと高いかと思ってた。
あまなつ
あまなつ
12ヶ月分を一括で支払うと
さらにお安くなるね!

 

一番高いのはZ会

反対に一番高かったのがZ会。

毎月払いにすると2,799円…これはちょっと高いような気がしますが、12ヶ月一括払いにすると2,379円。

まなびwithも12ヶ月分一括払いにすると2,327円なので、Z会とほぼ同じになります。

長男
長男
幼児ポピー以外はそこまで差がないということかな?

軽くまとめると

安くおさえたいなら幼児ポピー

コスパを求めるならこどもちゃれんじ

というところでしょうか。

でも幼児教室に通うよりはやっぱり断然安いし、自分のペースで好きなときに家で進められるのは魅力的!

あまなつ
あまなつ
子供がどこまでできるのか直接見ることができるしね。
りんご
りんご
そこが通信教育のいいところ!

 

受講する前にまずはお試ししてみよう

とは言ってもやっぱり値段だけじゃ決められないですよね。

あまなつ
あまなつ
それが子供に合ってるかは
わかんない…

そう、いきなり受講しても「あれ?なんか思ってたんとちがう…」となることだってあるはず。

そんな時のためにあるのが、無料でもらえるお試しワークの存在です。

お試しのワークを体験することで

  • ワークは簡単?難しい?
  • うちの子は楽しそうかな?
  • この内容でこの値段なら毎月してもいいかも…
  • 市販のワークを自分で買うほうがいい

と具体的に考えることができるので、通信教育ちょっと気になるな~と思ったら

まずは資料請求して無料のお試しワークを試すのがおすすめ。

りんご
りんご
え~でもあとで勧誘とか
されたらいやだな…
あまなつ
あまなつ
大丈夫!どこもそんな勧誘
されなかったよ。

 

資料請求ってイメージ的に

「勧誘がすごそう」
「あとから色々言われる?」

というマイナスなイメージがある(私だけ?)のですが、実際にお試しワークをもらってみると全然そんなことありませんでした!

勧誘も電話が一回ほどかかってきただけ、あとはハガキが届くくらい。

あまなつ
あまなつ
なんにもこわくなかったよ!

 

なのでお子さんに通信教育を考えてるママは、一度無料のワークをもらって試してみてみることをおすすめします。

 

無料お試しワークがもらえる一覧

幼児の通信教育はママと子供が好きだと思うものを選ぼう

幼児の通信教育はたくさんあるので、どれがいいのかな?と迷ったときは

「まずは自分の目で実物を見てみる・試してみる」ことが大切。

誰かがこれがよかった!効果あったよと言っていても、それが自分や我が子に合うかどうかはわからないものです。

だからこそ各通信教育には、無料でもらえるお試しワークがあります。

Z会 幼児通信教育お試し資料請求

子供がワークを試してどうだったか?を見るのはもちろん、

一緒につきそうママも「これなら私もできそう」というのを見てほしいと思います。

あまなつ
あまなつ
子供と一緒にママも楽しんで続けられるものを選ぼう♪

お子さんの出来ることが増えて、ぐーんと伸びますように…!

無料でお試しワークがもらえます

 

りんご
りんご
無料ワークの内容をもっとくわしく見たい人はここから見れるよ。