知育

【幼児ポピーの口コミ】5歳の次男が入会したからこそわかった良さがありました

幼児ポピー 口コミ 教材

この記事では幼児ポピーの口コミをくわしくご紹介します。

ママ
ママ
そろそろ子供にドリルとかさせたいけど…幼児ポピーってどうなのかな?
あまなつ
あまなつ
悩むよね~実は我が家の次男
ついにポピーに入会したんだ

 

我が家には5歳(年中さん)の次男がいて、そろそろドリルとかさせてみようかな?と幼児向け通信教育を考えていたのですが。

こどもちゃれんじ・Z会・まなびwithといろいろお試しした中で、最終的に選んだのは幼児ポピーでした!

 

現在受講して3か月目ですが、「ドリルたのしい!」と幼児ポピーの教材が届くたびに楽しんで取り組めています。

ママ
ママ
どんな教材なのか気になる~!
あまなつ
あまなつ
実際にドリルをしている様子を写真たっぷりでまとめてみたよ!

この記事では

  • 幼児ポピーの口コミ
  • 幼児教材の中からポピーを選んだ理由
  • 実際に受講して感じた良さ
  • 反対にいまいちだったところ

この辺の気になるところをめいいっぱいまとめました!

幼児ポピーが気になっている人、実際に届く教材の中身が知りたい人のお役に立てるといいなと思います。

 

⇒先に幼児ポピーのお試しドリルをもらいたい人はこちら

\うれしいサンプルもらえるよ/
幼児ポピー

資料請求は3分とかんたん♪

もくじの中で気になるところがあれば、そこから読んでみてくださいね▽▽

次男
次男
文字を押すとそこから読めるよ♪

すぐ読めるもくじ

【幼児ポピーの口コミ】実際に届く教材の中身を大公開!

まず最初に幼児ポピーに入会して届いた教材をご紹介します。

ちなみにこの記事では年中さん向けコース・ポピっこ「あかどり」を受講した様子を中心に書いています。

あまなつ
あまなつ
ただ学年がちがっても幼児ポピーはこんな感じの教材が届くんだな、と参考になるかなと思います

 

届く教材は「わぁくん」「ドリるん」の2冊

年中さん(4・5歳)向けコース・ポピっこ「あかどり」で届いた教材はこちらです。

2月号が届きました
年中さんコースで届いたもの
  • わぁくん
  • ドリるん
  • 特別教材
あまなつ
あまなつ
どんなものか1つ1つ
見ていこう~

「わぁくん」は色んな遊びをとおして思考力をつける

カラフルでとってもかわいい表紙

思考力がぐんぐんつく「わぁくん」は、

  • 指先をつかう遊び
  • おはなし
  • まちがいさがしなどの知恵遊び
  • 運動遊び

など、考えながら解く問題から絵本のようなお話、生活の中で大事なことが一冊にまとめられています。

思っていたよりもシールがたくさんで楽しい!

ジェットコースターに食べ物のシールを貼るページや、

食べ物がおなかの中に入るとどうなるか?といった、からだのふしぎを絵でわかりやすく理解できるページもありました。

付属のかたちカードを置いて、道をつなげてとおる迷路や、

いろんな形のカードを合わせる問題も。

あまなつ
あまなつ
自分で考える力がつきそう!

またお話のページもあるので、夜寝る前の読み聞かせの時間にも活用できます。

 

あと意外だったのが、生活のマナーといった、幼児期に教えてあげたいことも少しだけど書いてあるところ。

幼児ポピーってシンプルなワークだけのイメージだったので、こういう子供向けのマナーも書いてあるんだ!とちょっとうれしくなりました。

次男
次男
おもちゃはだいじにつかおうっと
あまなつ
あまなつ
イラストなので子供でも
理解しやすいみたい

「ドリるん」はもじ・かず・ことばに特化したワーク

一方こちらの「ドリるん」は、

  • かず
  • もじ
  • ことば

この3つに特化した、鉛筆やシールをつかって取り組むワーク教材です。

こっちもシールがたっぷり!

「もじ」のページは、ひらがなが大きく書きやすいようになっています。

書き順もわかりやすく書かれてあるので、迷わず正しい書き方を覚えられるのがうれしい。

子供が自然となぞりたくなるイラスト

「かず」の問題は、子供がぱっとみてついつい指で数えたくなるようなイラストが魅力!

あまなつ
あまなつ
うちの次男も見たとたん、問題を読む前に指でかぞえはじめてました(笑)

 

「ことば」のページでは文章を組み立てる問題がありました。

今はまだわからなくても、主語と述語の関係を頭でなんとなく理解しておくのは大事なこと。

小学生になったときに国語の授業で役に立ちます。

 

また、そろそろはじめておきたい時計の問題もありました!

長い針と短い針で色分けされてて見やすい

できれば時計は小学校入学までに読めるようになっておくと、学校生活がスムーズにいきます。

あまなつ
あまなつ
時計はわりかしむずかしいので、すこーしずつなじんでおきたいね!

特別教材「それなんですカード」

遊びながら考える脳が育ちそうな、紙製の付録も届きました。

幼児ポピーで届くのはドリルだけだと思っていたので、こういうちょっとした遊びができるとうれしいですよね。

あまなつ
あまなつ
しかも紙製なのがかさばら
なくていい!

遊び終わったらまとめてジップロックに入れておけば、片付けもラクチンなので助かります。

 

⇒幼児ポピーの公式サイトでもっとくわしく見てみる

 

受講してみて実感!オールカラーの教材でつかみはOK

実際に次男(5歳)と幼児ポピーの教材をやってみました。

実は以前に幼児ポピーのお試しワーク体験をしたときから、そこそこ月日が経ってしまっていたので…

あまなつ
あまなつ
(…お試ししたときは楽しそうだったけど…今回はどうかな…)

と、ポピーをはじめるにあたって正直、少し不安もあったのですが。

次男に「今月から次男もドリルはじめるよー」とポピーの教材を見せると

次男
次男
ドリル?あっこれ!
やるやる~!

となんと大喜びで机にむかっていきました…!(よかった!)

遊ぶことが大好きな次男がポピーの教材を見て「やるやる!」と飛びついたのは、

教材自体に子供が好きになる工夫がたくさんあるからだな、と今回受講して実感しました。

 

教材がオールカラーで楽しんで取り組める

子供が楽しく取り組めるための工夫のひとつに、幼児ポピーの教材がどの年代でもオールカラーなことがあげられます。

カラフルかつ楽しいイラストで目を引く!
子供がすっと入っていきやすい内容

だからいきなりドリルを見せて「はじめるよー」と声をかけても、たぶん次男の頭の中では

「勉強」じゃなくて「楽しい遊び」

だと感じたんだと思います。

あまなつ
あまなつ
幼児期の学習は楽しい・好き・もっとやりたいという気持ちを育てることが大事なんだ

 

勉強はこの先小学生・中学生・高校生・大学生とずっと続いていくもの。

だからこそドリルやワークにはじめて触れる幼児期こそ、楽しく取り組める工夫が大事!

それが幼児ポピーの教材にはたくさんつまっていました。

次男
次男
実際にやってみたよ~

 

「かず」「もじ」「ことば」に特化したドリルで勉強の基礎をつくる

幼児ポピーのドリるんは、かず・もじ・ことばの3つのテーマに特化したワークです。

そのページ配分を数えてみると、2月号42ページ中

  • かず→15ページ
  • もじ→14ページ
  • ことば→8ページ

となりました。(残りの5ページは表紙やめいろ遊び)

あまなつ
あまなつ
かずともじに重点的に取り組めるような内容だよ

「かず」の問題で算数の基礎をつくる

幼児期の算数はたしざん・ひきざんの前に、まずはものを数えることがすごく大事。

きちんと数を数えられるようになってはじめて、たしざんやひきざんなども理解できるようになります。

あまなつ
あまなつ
ポピーの教材には算数の基礎
となる問題がいっぱい!

 

たとえばこちらの問題。

「まんじゅうが10こ入っている箱に〇をつけてね」というもの。

色んな形の箱に入っているので、ぱっと見ただけではどれが10個かわかりませんよね。

なので一つ一つ指で数えていきます。

ひとつずつ指で数えるのを繰り返していくことで、数の「多さ」「少なさ」といった感覚も身につけることができます

次男
次男
いち、にい、さん…あれ?
どこまでかぞえたっけ?

時々、数えはじめと数え終わりがどこからだったかわからなくなることも。

長男
長男
ここからだよ。ちゃんと最初を
覚えておかなきゃ

とここで兄(長男)の指導が入ります。笑

次男
次男
いち、にい、さん……じゅう!
じゅっこあった!まるっ

とこんな風にして10個数えながら解いていきます。

カラフルでぱっと見たときについつい数えたくなるイラストなので、教えなくても子供は自然と指が動くみたいです。

ママ
ママ
本人は遊び感覚なのに算数の基礎が身につくのはうれしいね!

 

また別の「かず」の問題がこちら。

今度はイラストのお殿様が言っている数になるように、シールを貼っていこうというもの。

左から順番に1・2・3・4・5・6・7・8・9・10となっています。

あまなつ
あまなつ
1から10までの数の多い・少ないを体感できる問題だね

それぞれの数に合うように、食べ物シールを貼っていきます。

5歳児ひとりでもぺたぺた貼っていける大きさのシールです。

できた!

全部貼ったあとにもう一度見返してみると、1から10までの数の多い少ないがよくわかる問題ですね。

次男
次男
見た瞬間にどれがいちばん
多いかわかるよ!
視覚から「多い」「少ない」を感じることも重要

就学前の幼児期は、この「3はこのくらい」「9だと3よりももっとたくさん」といった、数のなんとなくのイメージをもつことが大切。

そしてその積み重ねが、たしざんやひきざんといった、これから習っていく算数の基礎となります。

あまなつ
あまなつ
ポピーのドリルは遊び感覚で自然とかずが身につくのがいいね!

 

しかも私がポピーやるなと思ったのが、よ~く見ると小ネタがきいてて面白いんですよね。

ちょんまげがさり気なく数字になってるYO…!

イラストも楽しいんですが、こちらも見てみて。

  • 1このイラストはいちょうの葉
  • 2このイラストはんじん
  • 3このイラストはさん
  • 4このイラストはしいたけ
  • 5このイラストはりん

イラストと数字がリンクしてるんです…!

あまなつ
あまなつ
ぐふふ、ポピー
おぬしやるな…!

とこういう細かい小ネタもある幼児ポピー。なんだか一気に好きになってしまいました。

 

そういえば以前に幼児ポピーの無料お試しドリルをもらったときも、「かず」のページがありました。

入会する前にサンプルを試して検討しました

実際に子供にさせてみたいな~という方は、資料請求するだけでお試し問題がもらえるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

⇒いますぐ幼児ポピーの無料お試しをもらう

ママ
ママ
お金もかからないなら
やってみたい!
あまなつ
あまなつ
勧誘とかも特に
されなかったよ~

 

「もじ」の問題でひらがなが書けるようになってきた!

5歳の次男(年中さん)は、最近ようやく自分でひらがなを書こうとするようになってきました。

そこで幼児ポピーをはじめたのは、いいタイミングだったなと思います。

大きくて書きやすいひらがな

幼児ポピーの教材はひらがなが書きやすいように、一文字がかなり大きく書かれています。

うなぎのイラストで楽しく♪

書き順も子供でもわかるようなイラストで書かれてあるので、

あまなつ
あまなつ
この①から順番になぞってね
次男
次男
わかった~!

とかんたんに楽しく書けるようになっています。

次男はポピーのおかげで、書けるひらがなが少しずつ増えてきました。

あと単純にひらがなを見たり書いたりする機会がふえたので、ひらがなを覚えるスピードが速くなりました。

あまなつ
あまなつ
小学校入学までに覚えられたら
いいなぁ

 

こちらは絵を見てひらがなの正しいほうに〇をつける問題。

ひらがなの読みはまだ半分くらいの次男なので、一緒について声にだして読んでいきます。

次男
次男
は、ち、ま、き
あまなつ
あまなつ
正解!
下のほうにひらがなをなぞる欄もありました

幼児ポピーの教材をやってみて感じたのは、

  • ひらがなを覚え始めの子に分量がちょうどいい
  • ムリなく嫌がらずに続けられる量
  • 反対に字がすでにスラスラ書ける子には物足りないかも

ということ。

 

我が家の次男は最近ようやくひらがなに興味を持ち出して、読み書きの練習をはじめたところなのですが…

実際に受講してみて幼児ポピーは読み書き練習中の子にぴったりの教材だと実感しました。

あまなつ
あまなつ
なぜなら飽きない量だから

 

子供って飽きやすい生き物ですよね。

そして気まぐれだから、ドリルの量も1ページにたくさんあると飽きてしまう可能性が大…!

その点ポピーはほどよい分量と書きやすい大きさ

ちがう大きさの「ほ」が6個

幼児の通信教育は、ほそくながく続けることが難しいけど大切でもあります。

たくさんさせすぎても飽きて見向きもしなくなったり、少なすぎると今度は物足りなくなったり。

あまなつ
あまなつ
自分で市販のワークを買うときはこの見極めが難しいんだよね…

 

それが幼児ポピーの教材なら多すぎず少なすぎずのちょうどよい分量。

我が家みたいに読み書きを練習してる最中の子にぴったりだなーと感じました!

あまなつ
あまなつ
またキレイに書きたい、書き順も覚えたい子にもぴったりです

 

反対に、ひらがなはもう全部書けるし書き順も覚えたよ~という子には、少し物足りないかもしれません。

もっとなぞり書きをたくさんしたい!場合は、追加で市販のワークを買ってくるのもいいかも。

ママ
ママ
子供の性格や家庭環境に
あわせて取り組みたいね

 

⇒いますぐ幼児ポピーの無料お試しをもらう

\サンプルで確かめてみて/
幼児ポピー

登録は3分とかんたん♪

 

そろそろさせたい時計の問題もありました

「かず」の中にはそろそろ気になる時計の問題もありました。

ママ
ママ
小学生までに時計が読めるようになっておくと助かるよね
あまなつ
あまなつ
時計は少しむずかしいので
ちょっとずつ取り組んでいこう

こちらはイラストの時計の針を見て、合う数字シールを貼る問題です。

時計は長い針・短い針の両方を最初からいっぺんに読むのは難しいので、まずは短い針から読む練習をしていきます。

あまなつ
あまなつ
(…時計とか読めるんかな?)
次男
次男
…。え?これどういうこと
?え???

やっぱりまだ一人では解けなかったので、一緒について問題を読んであげました。

あまなつ
あまなつ
この短い針がさしている
数字のシールを貼ってね
次男
次男
おぉ~かんたんかんたん♪

長男のときもそうだったけど、こうやって少しずつ時計にもなじむことで、だんだんと読めるようになっていきます。

 

ちなみに幼児ポピーの教材は、しっかりした紙質でツルツルした表面なので、シールの貼り直しもできます~。

…といっても汚いじゃんか!という声がきそう…

すぐにツルっとはげるかな!と思って適当にやったら、意外と汚くなったので、ちゃんと丁寧にはがせば大丈夫だと思います。笑

あまなつ
あまなつ
子供でもたぶんいける!

 

⇒公式サイトで幼児ポピーをもっとくわしく見てみる

 

 思考力が身につくもう一つの教材「わぁくん」

かずやもじが中心の「ドリるん」と比べて、考えて問題を解いたり生活のことなど色んな内容が載っているのが「わぁくん」です。

あまなつ
あまなつ
頭をひねって考えることで
思考力が身につくよ

考えて解くことで「思考力」が深まる

付属のカードを使って道をつくる問題です。

この問題の面白いところは、答えが一つじゃないところ。

カードをくるくる回すことで何通りもの道ができるんです。

カードは四角のものと三角のものの2枚あるので、それぞれの置き方によってこれまた違うルートができたり。

次男
次男
…あ!これはこっち向きにも
置けるんだ

答えが一つじゃないということは、色んな方向から物事を見る力が育まれます。

そうすると「こうしたらいいのかな?」「これも正解なんだ!」とたくさん考えるようになるので、自分の頭で考える力もついてくるように。

あまなつ
あまなつ
これからは勉強ができる「だけ」じゃなくて、自分で考えて行動できることが大切になってくるよ!

 

こちらはカードの形を見て、合うところに置いていく問題。

図形がどこにぴったり入るかを考えることによって、空間認識力を鍛えることができます。

あまなつ
あまなつ
あぁ~よく見るやつだね。
これは解けるでしょ~
次男
次男
こうだ!かんたーん、はい次ーっ
あまなつ
あまなつ
ちょっ、いや、それちがう
んだけど…待って?!

微妙にあってそうで、あってませんでした…。

大人には簡単そうに見えても、子供は意外とできないことありますよね。(経験値がちがうんだからそりゃそうだ…)

カードをくるくる回してみよう

このような

「自分の子供がどこまでできるのか」
「逆にどんな問題が苦手なのか」

という子供の得意・不得意なところも知れるのが、ポピーのような幼児教材のいいところ。

 

親がワークを選ぶとどうしても問題に偏りが出がちだけど、幼児ポピーなら色んな問題にまんべんなく挑戦できます。

ママ
ママ
得意なところはもっと得意に、苦手なところはチャレンジしていきたいね

 

⇒幼児ポピーの公式サイトでもっとくわしく見てみる

 

身近なもので楽しく遊ぼう

意外と楽しかったのが、靴下や手袋で人形劇をしようというコーナー。

付属のシールを好きに貼って、楽しい顔が作れました。

シールは選べるので何通りも作れました
左が私、右が次男作「こわい鬼」

これは知育というより、親子のコミュニケーションを楽しむ遊びでした。

次男
次男
こわい顔の鬼つくりたい!おかあさんのはお姫さまみたい~

次男のセンスが垣間見れたり…顔のパーツをいろいろ組み替えて、私も遊んじゃいました。

 

ちえ遊びやおはなしも充実

その他にも子供が好きなまちがいさがしや、

毎月かわる特集のページにはシールを貼ったり。

2月号はからだの仕組み特集でした

我が家が受講した年中向けコース「あかどり」には、おはなしのページもありました。

月によって

  • 日本のおはなし
  • 外国のおはなし
  • 新しいおはなし

が楽しめるとのこと。

さっそく夜寝る前の読み聞かせのときに、子供たちと一緒に読みました。

これも私が自分では買わないようなおはなしが読めるので、子供に色んなタイプの物語を読んであげられていいなと思いました。

あまなつ
あまなつ
自分で絵本を買うとやっぱり
どうしても好みが出ちゃうからね

 

【安い!】なんてったって受講費が魅力的

幼児ポピーって教材ももちろんいいんですけど、なんてったって受講費が他の幼児向け通信教育と比べて安いのが嬉しいんです。

あまなつ
あまなつ
私が次男の通信教育をポピーに決めた理由も、値段が安かったのが大きかったです

(画像引用:幼児ポピー公式サイト)

うちは年中向けコースなので毎月1,100円です。

たとえば他の大手通信教育(こどもちゃれんじ・Z会・まなびwith)と比較してみると…

 

【2020年度・年中向けコースの毎月の受講費】

毎月払い12か月一括払い
幼児ポピー1,100円1,100円
こどもちゃれんじ2,379円1,980円
Z会2,640円2,244円
まなびwith2,585円2,369円

 

ママ
ママ
他の3つは2,000円前後なのに
ポピーだけ約1,000円!
あまなつ
あまなつ
そうなの、毎月半額ほどの
受講費で済むんだよ

 

\毎月の受講費が安いとこんなメリットが!/
  1. 始めやすい
  2. 家計に響きにくいから続けやすい
  3. 浮いたお金を他につかえる

 

①安いから試しに始めやすい

子供にそろそろドリルとかさせたいな~と思ったときに、初めてだと「続くかな…?」と心配になりますよね。

私も今回次男の通信教育を選ぶにあたって、これまでドリルやワークはあまりさせてこなかったので、正直ちょっと心配でした。

あまなつ
あまなつ
せっかくはじめてみても、全然やらなかったら勿体ないぜ…!!

 

そう、ドリルなんてものは子供がまったくやらなければお金をドブに捨てるようなもの…(私が代わりにやるわけにもいかないしね泣)

それは避けたい!!

 

ということで受講費がお安い幼児ポピーなら気軽にはじめやすいなと思ったので、次男の通信教育で選んでみました。

結果的には次男もポピーの教材を気に入って楽しく取り組んでいるのでよかった…!

 

それに受講費が安いからといって、教材がしょぼいとかそんなことも全くありませんでした。

むしろ全ページオールカラーで、市販の白黒のドリルより手が込んでる気がする。

 

毎月自分で市販のドリルを買うという手もあったのですが、結局値段的には変わらない気がしたので、幼児ポピーにしてよかったなと思ってます。

あまなつ
あまなつ
市販のドリルは1冊700円~とか
するからけっこう高いんだよね…

それなら毎月1,000円前後で2冊ついてきて、しかも家まで届けてくれるならこっちのがいいや!というのが本音。

正直最近は本屋やネットで自分でドリルを選ぶよりも、さくっと届けてくれる通信教育ありがたいなーと感じてます。

あまなつ
あまなつ
その時間を他のことに
つかえて助かってます!

 

②家計に響きにくいから続けやすい

最近は私もこのことをすごく実感しているのですが、子供が大きくなるにつれてかかる費用はふえます!

お金がかかってくる原因は

  • 食べる量がふえる
  • 服の買い替えが頻繁
  • 園に通いだすと靴の消耗が激しい
  • 習い事をさせたくなる

などこまごまとしたことだけど、これが積み重なってどんどんお金がかかるように。

我が家も最近次男が習い事をはじめたので、兄弟で習い事の費用が2倍になりました。

あまなつ
あまなつ
下の子は上の子のやってる
ことに憧れるんだよね

 

そしてだんだんとお菓子の消費量もふえてきたし、ほしがる物の値段も高くなりつつあります…

他の出費がふえる中でも毎月約1,000円の幼児ポピーだと、家計に響きにくいなぁと感じてます。

ママ
ママ
毎月の管理もしやすいね!
あまなつ
あまなつ
安いと毎月続けやすく
なるよね

 

③浮いたお金を他につかえる

これは毎月受講費が2,000円前後のところじゃなくて、幼児ポピーにしたら約1,000円で済むから、その差額が1,000円浮きますよね。

そしたらその浮いた1,000円を他のことにつかえます。

  • 子供が好きな絵本を買ってもいいし
  • 遊びに行ったときにつかうお金にもできる
  • ドリルが物足りなかったら市販のものを追加
  • 粘土や折り紙などの知育玩具を買うのも楽しい
  • ママ向けの雑誌を買うのだってアリ!

と1,000円でも色んなことができますよね。

 

たった1,000円と思うかもしれないけど、子育ての中で「好きにつかえるお金」として考えたら、意外といろんなことができると思います。

ママ
ママ
ワクワクしてきちゃう…!
あまなつ
あまなつ
もちろんママの息抜きで甘いもの買うのもいいと思う!

 

無料のお試しからはじめるのが吉

幼児ポピーは資料請求するだけで無料のお試しがもらえるので、まずは「どんな感じかな?」と試してみるのがおすすめです。

幼児ポピーお試しでもらえるものこんなサンプルがもらえます
あまなつ
あまなつ
我が家も入会前に
体験してみました

 

サンプルを実際に見てみると、「こんな問題が届くのか」とか「子供に合いそうかな」とかいろいろわかるので損はないと思います。

むしろ入会を検討しているなら、試してみたほうがいいと思う。

次男
次男
ドリルたのしかったから
もっとやりたい!
あまなつ
あまなつ
子供の新たな一面も
発見できるかも♪

 

⇒いますぐ幼児ポピーの無料お試しをもらう

\しつこい勧誘もなし/
幼児ポピー

登録は3分とかんたんにできるよ♪

 

 

幼児ポピーをはじめてよかったところまとめ

幼児ポピーを次男に受講しはじめて、全体的な満足度は95点

特に「ここがよかった!」というところをまとめました。

幼児ポピーのここがよかった!
  1. 子供がすーっと入りやすいドリル
  2. 遊んでる感覚なのに算数(かず)の基礎が身につく
  3. ひらがなを覚え中の子にぴったりの量・内容
  4. 偏りがなく色んな問題ができる
  5. とにかく安い!
ママ
ママ
全部いいけど「とにかく安い」
にひかれる~笑
あまなつ
あまなつ
いやほんと、毎月1,100円で届けて
くれるなら安いもんだよ

本屋に行く時間や選ぶ時間をなくしてくれて、さらに送料込みでこのお値段。

幼児向けの通信教育って、そういうところにもメリットがありますよね。

それに受講してみて、もし途中で子供が飽きてドリルをしなくなってしまっても、ポピーは続けて3か月受講していれば退会もできるんです。

なので入会したら1年間ずっと続けなきゃいけない、というような長い縛りもないので、安心して申し込みできます。

あまなつ
あまなつ
子供の成長にあわせて
環境を整えてあげたいね

 

⇒幼児ポピーの公式サイトでもっとくわしく見てみる

 

逆にポピーのここがいまいちだった!

反対に幼児ポピーの「ここがいまいちかも…」というところは、私はほとんどなかったのですが、あえて言うなら次の3点です。

  1. 問題が簡単なので物足りない子もいるかも
  2. シールが多いのでシール嫌いの子には向いていない
  3. キャラクター感は弱い

 

①問題が簡単なので物足りない子もいるかも

幼児ポピーの問題はどれも難しくなく、比較的やさしいかんたんな問題が多いです。

なのではじめてドリルをする子や、かんたんな問題を解いて自信をつけたい子にはぴったりなのですが、

  • 難しい問題にチャレンジしたい
  • 自分の頭でじっくり考えて解くのが好き
  • ドリルに慣れている

こういう子の場合は、ちょっと物足りないなと感じてしまうかもしれません。

 

そのような「もう少し難しい問題にチャレンジしてみたい」場合は、Z会 幼児コースがおすすめです。

z会お試し年中Z会も資料請求でお試しサンプルもらえます
Z幼児お試しやってみたじっくり考えて試行錯誤して解くことも

Z会 幼児コースはじっくり考えて解く問題も多くあるので、子供の考える力をもっと伸ばしたい!と考えるママに人気の幼児教材です。

我が家がZ会の資料請求をしてお試し体験した記事があるので、興味があれば読んでみてくださいね。

 

②シールが多いのでシール嫌いの子には向いていない

幼児ポピーを実際に受講してみてわかったのは、シールの分量が多いということ。

2月号の2冊だけでも、それぞれ見開き2ページ分のシールがついていました。

もちろんシールをつかった作業が好きな子なら何の問題もないのですが、シール貼りが嫌いな子だと「やりたくない~」となるかも…。

 

③キャラクター感は弱い

これは長男がずっとこどもちゃれんじをしていて、私がキャラクターのしまじろうをずっと見ていたせいかもしれません。

幼児ポピーにも一応キャラクターはいるのですが、正直はじめて見たよ~という感じ。

幼児ポピーお試し明るい色使いでかわいいのだけどね

やっぱり長年見てきたしまじろうと比べると、親しみというか、そのキャラクターだからこその何かはない気がします。

 

でもだからといって子供もそうなの?と聞かれると、それが全く関係なしでした。笑

次男は長男のおさがりのこどもちゃれんじでしまじろうに慣れてたから、ポピーの教材ちゃんとしてくれるかな?と不安もあったのですが。

次男
次男
ドリル?やるやるーっ
あまなつ
あまなつ
キャラクター感がなくても
全然問題なしでした

 

でもそれはたぶん、ポピーの教材に子供が楽しくできる工夫がたくさんあるからこそ。

キャラクター感があまりなくても、「楽しい」「おもしろい」と思わせてくれるような教材なんですよね。

なのでそこまで気にしなくてもいい点でもありました。

 

⇒幼児ポピーを公式サイトでもっとくわしく見てみる

 

子供に合う教材を見つけよう

幼児向けの通信教育もいろいろあるし、各社によって内容やコンセプトもちがってきます。

長く続けるためには子供に合った幼児教材を選んであげることが大切!

 

もしこの記事を読んで「うちの子にはどれが合うんだろう…?」と思った人は、

我が家が実際に大手4社を体験して徹底比較した記事もあるので、そちらも合わせて読んでみてください。

あまなつ
あまなつ
選び方や各幼児教材の内容を
わかりやすくまとめたよ

 

ちなみに比較したのは次の幼児教材4社です

この4社ともこの上記リンクからお試しできるサンプルがもらえるので、

気になるものがあれば資料請求して取り寄せてみてくださいね。

\お試しドリルのもらいかた/

お試し見本申し込み・資料請求から入っていけばすぐに完了

ママ
ママ
無料だしこうなったら全部
まとめてお試ししてみよう(笑)
あまなつ
あまなつ
我が家ももちろん全部試して
みてから決めたよ~

 

幼児ポピーの口コミまとめ

幼児ポピーを受講した口コミをもう一度まとめました。

幼児ポピーの口コミまとめ
  1. オールカラーの教材で子供が食いつきやすい
  2. ドリルは算数や国語の基礎となる問題がたくさん
  3. 飽きずにできるちょうどいい分量
  4. とにかく安くてコスパよし!
ママ
ママ
はじめての通信教育にも
ぴったりだね
あまなつ
あまなつ
次男は勉強だと思ってなくて楽しくできてるから助かってるよ~!

 

我が家の次男も幼児ポピーをはじめて、ひらがなが書けるようになったり、文字に興味を持つようになりました。

幼児ポピーのドリル、どんなものか気になる!って人は幼児ポピーの無料お試しも気軽に申し込みできるので、ぜひためしてみてくださいね。

 

⇒幼児ポピーのお試しドリルをもらう

 

\資料請求はかんたん/
幼児ポピー
登録は3分で完了♪