レゴデュプロ

レゴによく似てる『ホビーブロック』で遊んでみたよ!レゴとの比較や感想

最近スーパーに行くとお菓子売り場にレゴ風のブロック玩具が置いてあるんです。

その名も『ホビーブロック』

明らかにレゴを意識しているそのパッケージなのですが…

いやぁ~すごく気になる!!

最初に見つけた次男が「買って!買って!」と言うし、値段も100~200円とそんなに高くないので買って遊んでみることにしました。

あまなつ
あまなつ
レゴ風なだけで品質は良くないんでしょ?
なんて思ってたのですが…
りんご
りんご
遊んでみると意外なことが分かったよ!

ホビーブロックとは?

【ホビーブロック】
販売者:株式会社甲山屋
〒540-0003
大阪府大阪市中央区森ノ宮中央2-9-15
対象年齢:6歳以上
菓子:日本製  玩具:中国製

パッケージは英語表記で、これ以上くわしいことは分かりませんでした。

対象年齢が6歳以上。

レゴクラシックは4歳からなので、ホビーブロックのほうが小さなパーツがあるということなのかな?

よーし、とりあえずやってみよ!
いざ開封!

中身は簡単な組み立て説明書一枚、ブロック、あとかわいいガムのお菓子が1つ入っていました。
(ガムはすぐに次男に食べられてしまったので、写真に撮れませんでした)

今回買ったのは黄色いオウムのブロックで160円。

このお値段にしてはブロックは多いほうなのかな?という気もしないでも…。

ざっと見た感じ、レゴクラシックと似たようなパーツがいくつもありました。

というかほぼ同じじゃない?!というものもあって、並べてみるとどっちがレゴか分からなくなるくらい似ているものも。

ホビーブロック実際に組み立ててみた

見た目がレゴにそっくりなホビーブロック、百聞は一見にしかずということで組み立ててみました。

次男はまだ説明書を見ながら組み立てができないので、私が作ってみました。

じゃん!

所要時間7分。途中あーでもないこーでもないと迷いながらも、組み立て完成。

お?けっこうかわいいかも。
オウムに見えますか?

長男の分も買っていたので、小学校から帰ってきたら長男は自分で組み立てていました。

こちらはレスキュー編と書かれた、空飛ぶ乗り物です。

こちらは138円。オウムより安い!

小学生ともなると自分で説明書を見ながら組み立てていました。

説明書も分かりやすく書かれてあって、ブロック数も少ないので、【説明書を見て作るブロック遊び】の登竜門としてホビーブロックで遊ぶのもいいかも。

レゴとの互換性は?比較と感想

レゴとの互換性あり!レゴのブロックはずしも使えたよ

途中組み立てを間違えて、ブロックが取れなくなってしまったので
「もしかして使えるかな?」とレゴのブロックはずしを使ってみるとちゃんと使えました!

ということはレゴとの互換性あり??

と思い試してみました~。

下の黒いプレートがホビーブロックで、上の青色とクリーム色のブロックが本物のレゴです。

ちゃんとくっつきました!

ということはレゴとホビーブロックは互換性があるということですね。

全部のパーツを試したわけではないので100%かは分かりませんが、大体のものは互換性がありそうです。

あまなつ
あまなつ
むしろ混ざっちゃうと、どれがレゴでどれがホビーブロックか全くわからなくなりそうだよ。
りんご
りんご
気になる人は最初から分けて遊んだほうがいいね。

ホビーブロックはブロックによってかたいものや外れやすいものも

やはりお値段なりの作りなのか、パーツによってはものすごくかたくて
一度くっつくとなかなか取れないものや、逆に外れやすいものも中にはありました。

ブロック同士をくっつけたときの感触はやっぱりレゴのほうがいいです。

レゴはやわらかいなめらかな感じで、ホビーブロックはぎこちない感じ。

あまなつ
あまなつ
でも遊ぶ分にはほぼ問題ないです!

レゴデュプロからレゴクラシックに移行しようか迷っている人は、
まずこのホビーブロックで遊んでみてブロックのサイズや感触など
なんとなくをつかんでみるのもいいかもしれません。

・子供が問題なく遊べた→レゴクラシックを購入
・ブロックが小さくてまだ上手に遊べなかった→デュプロで様子見

りんご
りんご
少量をお試し感覚でホビーブロックで遊ぶのもありだね!

ホビーブロックは種類も豊富

我が家はというとホビーブロックにはまってしまい、スーパーに行くたびにちょくちょく買い足しています。笑

種類も豊富で、上記の空飛ぶ鳥シリーズやレスキュー編以外にも

乗り物や

恐竜シリーズもあります。
(子供たちがアレンジして組み立てているので、パッケージのとおりではないかもしれません)

買った中でも私が一番気に入っているのがこちら。

イルカかな?持っているホビーブロックの中で一番大きいです。

うしろのしっぽのパーツが動く仕組みになっているのが何気に好きです。

りんご
りんご
なんだかんだハマっちゃってる??
あまなつ
あまなつ
値段も買いやすいし、レゴと互換性があるのがいいなって。

まとめ

ホビーブロックは
・値段は100円~200円前後と安い。
・レゴとの互換性あり。
・ブロックによって当たり外れがある。
・レゴクラシックを試してみたい人は、お試しでこちらを買ってみるのもあり。
・乗り物・恐竜・海の生き物・空飛ぶ鳥など種類も豊富。

ホビーブロックは遊んでみると意外と楽しいことが判明しました!

スーパーで戦隊もののおもちゃをねだられて買うよりも、こっちのほうがブロックで遊べるしいいかも。(何より安いし!)

ホビーブロックを見かけた際はぜひ一度試してみるのも面白いですよ♪